MacでラズパイのLチカしてみた(Ubuntu編)

botman_green Pythonとかラズパイ
スポンサーリンク

macOS-10.15.7 Ubuntu-20.04.1LTS

はじめに

以前は Raspberry Pi OS でやってみたのですが今回は Ubuntu でやってみました(Vapor が Ubuntu でしか動かないようなので。。。)。

必要なもの

今回必要なものは下記です。

  • microSD カード
  • Raspberry Pi 3 Model
    なんとなく3買いましたが4の方がいいと思います(4の場合電源は USB-C です)。
  • マイクロ USB 電源コード
  • 10 K の抵抗×1
  • LED×1
  • オスーメスジャンバ線×2
  • ブレッドボード
  • SD カードリーダー(Mac だと SD 直接挿せないので)

ディスプレイで表示してラズパイを設定する場合下記も必要(ディスプレイなしでやりたかったけどむりだった。。。)

  • マウス
  • キーボード
  • ディスプレイ
  • HDMI ケーブル

購入したのは下記(他は持ってるやつ使いました)。抵抗とかはセットであったのでそれを購入しました。

ラズベリーパイ 開発ボード 無線通信実現─Raspberry Pi 3 Model B 【正規品】

新品価格
¥5,388から
(2020/11/7 05:15時点)

Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s Full HD Nintendo Switch動作確認済 MB-MC32GA/ECO 国内正規保証品

新品価格
¥990から
(2020/11/7 04:56時点)

iTrunk Raspberry Pi 3 電源 usb acアダプター ラズベリーパイ PSE認証 5V 2.5A Raspberry Pi 3 Model B/B Raspberry Pi 2 Model B Raspberry Pi Model B B Plus適用

新品価格
¥1,350から
(2020/11/7 05:17時点)

初心者向けの学習キット ラズベリー・パイ3/2model B用 UNO R3 Arduino キット 互換キット172 in 1基本部品セット 実験用 Mega2560、ブレッドボード、LED、LCD1602等

新品価格
¥1,659から
(2020/11/7 05:17時点)

SD 準備

SD に必要なものを入れます。

  1. SD フォーマット (FAT32) する。
    下記のコマンドで disk を確認してフォーマットします。

    私の環境では disk2 が SD でしたが適宣書き換えてください。しっかり確認しましょう!(他の消してしまうとめんどくさいことになります。。。)

  2. Raspberry Pi Imager を Mac にインストールする。

  3. Raspberry Pi Imager を起動する。

    imager

  4. CHOOSE OS Ubuntu Server 20.04.1 LTS (32-bit) を選択する。

  5. CHOOSE SD CARD でフォーマットした SD カードを選択する。

  6. WRITE で書き込む。
    SD が system-boot という名前になっているはずです。

  7. SD カードを挿し直します。

  8. ルートディレクトリに ssh という空ファイルを作成する。

  9. network-config の wifis の部分を下記のように書き換える(Wifi 設定)。

ラズパイ設定

ラズパイの設定をしていきます。

  1. ラズパイに SD を挿す。
  2. ラズパイにディスプレイ、マウス、キーボードを接続する。
  3. ラズパイに電源ケーブルを接続する。
  4. login で ID とパスワードを入力する(ubuntu/ubuntu)。
  5. パスワードを変更する。
  6. reboot する(初回は Wifi につながらない?)。
  7. 起動後下記コマンドで IP アドレスを確認する。

うまく起動せずに何回か OS 入れ直しました。。。(根気よくやりましょう!)あとなぜかディスプレイサイズが合わずはみ出してました。

SSH 接続

Mac からラズパイに SSH 接続します!!

  1. ターミナルで下記コマンドを実行する。

  2. 下記のように出たら /.ssh/known_hosts を修正する。

  3. ラズパイ設定で設定したパスワードを入力し Enter。
    成功すると下記のような表示になる。

  4. 接続できたらとりあえずパッケージをアップデートしておきます。

SSH 接続を終了したい場合は下記コマンド。

ラズパイをシャットダウンする場合は下記コマンド(電源をいきなり切ってはいけません!)。

IP アドレスの固定

再起動するたびに IP アドレスが変わると困るので固定しておきます。

  1. SSH 接続する。

  2. 下記コマンドで 99_config.yaml を作成する。

  3. i と入力し入力モードにする。

  4. 下記のように編集する。

    DNS サーバーは google のやつ設定してます。

  5. 下記コマンドを実行する。

たぶんこれで固定されたはず。

配線

いよいよ配線していきます。

公式ドキュメントから引用

GPIO

  1. ブレッドボードの j30 にジャンバ線1のオスを挿す。
  2. ブレッドボードの j26 にジャンバ線2のオスを挿す。
  3. 抵抗をブレッドボードの h30 と h27 に挿す。
  4. LED の + をブレッドボードの f27 に挿す。
  5. LED の - をブレッドボードの f26 に挿す。
  6. ジャンバ線1のメスをラズパイの GPIO2 に挿す。
  7. ジャンバ線2のメスをラズパイの 5V 横の GND に挿す。

これでラズパイの電源を入れると LED が光ります。

Lチカ

L をチカチカさせてみます。

  1. SSH 接続する。
  2. 下記コマンドを実行する。

下記だと権限がないと言われたので上記のようにしました(参考))。

おわりに

これで Ubuntu で L チカができるようになりました!

参考

コメント

  1. […] 前回入れた Ubuntu 20.04.1 LTS (32bit) だとうまく Swift が入れれなかったので Ubunt 20.10 (64bit) を入れてみました(Ubuntu 20.04.1 LTS (64bit) は何回チャレンジしても Wifi につながらなかったのであきらめました。。。)。 […]

タイトルとURLをコピーしました