MacでラズパイのLチカしてみた(Ubuntu 20.10 編)

botman_green Pythonとかラズパイ
スポンサーリンク

macOS-10.15.7 Ubuntu-20.10

はじめに

前回入れた Ubuntu 20.04.1 LTS (32bit) だとうまく Swift が入れれなかったので Ubunt 20.10 (64bit) を入れてみました(Ubuntu 20.04.1 LTS (64bit) は何回チャレンジしても Wifi につながらなかったのであきらめました。。。)。

必要なもの

必要なものは前回と同じです。

SD 準備

SD に必要なものを入れます。

  1. SD フォーマット (FAT32) する。
    下記のコマンドで disk を確認してフォーマットします。

    私の環境では disk2 が SD でしたが適宣書き換えてください。しっかり確認しましょう!(他の消してしまうとめんどくさいことになります。。。)

  2. Raspberry Pi Imager を Mac にインストールする。

  3. Raspberry Pi Imager を起動する。

    imager

  4. CHOOSE OS Ubuntu Server 20.10 (64-bit) を選択する。

  5. CHOOSE SD CARD でフォーマットした SD カードを選択する。

  6. WRITE で書き込む。
    SD が system-boot という名前になっているはずです。

  7. SD カードを挿し直します。

  8. ルートディレクトリに ssh という空ファイルを作成する。

  9. network-config の wifis の部分を下記のように書き換える(Wifi 設定と IP アドレス固定)。

ラズパイ設定

ラズパイの設定をしていきます。

  1. ラズパイに SD を挿す。
  2. ラズパイにディスプレイ、マウス、キーボードを接続する。
  3. ラズパイに電源ケーブルを接続する。
  4. login で ID とパスワードを入力する(ubuntu/ubuntu)。
  5. パスワードを変更する。
  6. reboot する(初回は Wifi につながらない?)。

SSH 接続

Mac からラズパイに SSH 接続します!!

  1. ターミナルで下記コマンドを実行する。

  2. 下記のように出たら /.ssh/known_hosts を修正する。

  3. ラズパイ設定で設定したパスワードを入力し Enter。
    成功すると下記のような表示になる。

  4. 接続できたらとりあえずパッケージをアップデートしておきます。

SSH 接続を終了したい場合は下記コマンド。

ラズパイをシャットダウンする場合は下記コマンド(電源をいきなり切ってはいけません!)。

配線

前回と同じです。

Lチカ

前回と同じです。

おわりに

これで Ubuntu 20.10(64bit) でも L チカができるようになりました!

次こそは Swift をインストールしてみせます!

参考

コメント

  1. […] Ubuntu 20.10 のインストールはこれを参考。 […]

タイトルとURLをコピーしました