ラズパイにVaporいれようとして失敗した話

botman_green Pythonとかラズパイ
スポンサーリンク

Raspberry Pi OS-2020-08-20 Swift-5.1.5

はじめに

ラズパイ(Raspberry Pi OS)に Vapor をいれようとして失敗した話です。。。

失敗した話なので特にお役には立たないかも知れないです。

こちらの記事を参考にしました。
Installing Vapor (and Swift) on the Raspberry Pi

Swift インストール

Swift のインストールはこちらを参考。

Vapor インストール

Vapor はサーバーサイドの知識があまりなくても Swift でサーバーサイド API の開発ができるらしいです。

参考:【Server-side-Swift】【Vapor】iOSアプリエンジニアが挑戦する初めてのサーバーサイド【勉強会レポ】

  1. SSH 接続する。

  2. 下記コマンドで Swift をインストールする。

  3. i と入力し入力モードにする。

  4. 下記のように swift-nio と console-kit を書き換える。

  5. Sources/VaporToolbox/exec.swift を編集する(オプショナルどうこうのエラーがでるので。。。)。

  6. i と入力し入力モードにする。

  7. 下記のように fileActions を暗黙的なオプショナルに書き換える。

  8. 下記コマンドでツールをビルドする(割と時間かかります)。

vapor/tool は最新版(18.2.2)を入れると下記のエラーが出たのでとりあえず通った 18.0.0-beta.27 を入れました。

これで必要そうなものは一通り入ったはずです。

プロジェクト作成

Vapor プロジェクトを作成します。

  1. 下記コマンドを実行する。

上記をやってみた結果プロジェクトは作成できましたがビルドに失敗します。。。

色々調べた結果参考記事をもう一度みてみると。。。

I started by trying to do all of this under Raspbian, since that should be your default for Raspberry Pi projects. Sadly, there was some kind of deep incompatibility in libunwind when trying to build the Vapor toolbox, and after a number of attempts that didn’t include re-building system libraries, I decided to switch to Ubuntu, since that’s what Swift-arm was directly available for anyway. I went with 18.04 LTS, but feel free to experiment.

はい!なんか Rasbian だとだめっぽいことが書いていました!!

おわりに

情報元の話はちゃんと読みましょう!!次は Ubuntu をインストールして試してみたいと思います!

Vapor 動かす方法はなんかありそうです(よくわかりませんでしたが。。。)。
参考:SwiftのみでIoT! Raspberry Pi Zeroでサーボを動かすサーバーを立ててiPhoneから制御する

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました